●4月18・25日 好評!野外ミュージアム展

「野外ミュージアム展」へようこそ
・・・自然案内&活動紹介パネル展・・・


 4月18日・25日、晴れ渡る青空の下、「野外ミュージアム展」が開催されました。今回のイベントは、水辺を周回できる散策路と自然解説パネルの完成、さらに「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」に認定されたことを記念して企画しました。
 17日が雨のために1日順延となりましたが、当日は好天にも恵まれ、朝早くから多くの市民の方々が起こし下さいました。
 水辺のシンボルである「イエローテール(風車)」の周りには、当会の活動を紹介するパネルや押し花などのクラフト作品を展示しました。また、新しく整備された散策路には、この時期の観察できる草花の写真を手作りで設置しました。つい見過ごしてしまいそうな小さな花に気づくことができて、「いつもこのような写真があるといいね」という、うれしい声も聞かれました。
 「お散歩バーディング」には20名余の市民が参加され、渡ってきたばかりのコムクドリやツバメなどを観察しました。「自然観察ビンゴゲーム」は、春の草花を観察しながらクイズに答えるゲームで、小さな子どもから大人まで家族連れで楽しく参加されていました。
 松永昭光さんによる「草笛教室」はとても好評で、自分で作った草笛の音が鳴ると、どなたでも思わず嬉しくなってしまうものです。水辺のとなりのお花畑から「何の音だろう?」とやってきた方もいらっしゃいました。
 前日の雨のため、残念ながら「やぎ島探検」は中止となってしまいましたが、ぜひまたの機会に行いたいと思います。当会では、平成13年の開校以来、「春まつり」や「秋まつり」を催し、身近な生き物とふれあう楽しさを紹介してきました。これからもさらに多くの市民のみなさまに、水辺の楽校を身近な自然への入口として利用していだけるよう、さまざまなイベントを行っていきたいと思います。(金原 功)
松永先生の草笛教室
原っぱには草笛が良く似合う。
好評!松永先生の草笛教室
野外ミュージアム展
校内15箇所に自然解説パネルを展示
  こちらは常設。浜口先生(故人)に作っていただきました。大切にしてね!

外来生物の紹介
博物館まつりの「外来生物」をパネル展示。
飼っていた生き物をむやみに放さないよう呼び掛けました。
野外ミュージアム展
観察路の要所にパネル展示。
活動をPRしました。
野外ミュージアム展
生き物を紹介したミニパネルを展示。
楽しいと好評。常設しての要望もいただきました。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ