お散歩バーディング日記

2010年11月14日(くもり)参加者7名、記録種18種

■生き物調べの会 鳥班日記

 博物館主催の生き物調べの会では、全体行動の後、判別に分かれての観察会が行われます。鳥班、虫班、植物班、ワンド班の4班です。時間40分程度と短いことから、視野に入る野鳥をじっくり見ることが中心となります。この日は冬鳥の主役、ツグミの姿が見られました。ノスリに加え、ミサゴも姿を現しました。アオサギをじっくり見ていたら、大きな魚を捕まえました。ワッ、すごいと子どもたちの驚きの声。案内役としては嬉しい一瞬でした。地鳴きウオッチングも楽しみました。耳を澄ませ、鳥たちの声を聞き分けました。慣れないと難しいのですが、子どもたちの耳は鋭く、何種鳴いたとけっこう言い当てていました。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ