お散歩バーディング日記

2010年11月7日(日)曇り  参加者8名、記録種27種

■冬鳥到来 出足好調!

 お散歩バーディングは冬から春にかけて年6回開催します。初心者を対象にしたのんびり、ゆっくりの探鳥会ですので、お気軽にご参加ください。テーマはモズやヒヨドリなど身近にいる野鳥たちの生活をじっくり見ることです。
 毎年この時期になると「今年の冬鳥はどうだろうか」と気になりますが、この日は鳥影が多く、ツグミはまだでしたが、ジョウビタキやシメ、アカハラやカンムリカイツブリ、オオバンやキンクロハジロなどと再開することができました。ここ数年、ノスリ1羽が冬を越しますが、今年も元気な姿を見せてくれ、みんなでお帰りなさいと挨拶しました。カラスに追われ、じっくりみることはできませんでしたが、普段は梢にとまっていることが多いので、歩く時は遠方に注意してください。
 ところで、水辺の楽校の野鳥観察の一押しは下流のワンドです。ブッシュや葦原など姿を隠せる場所があることから、歩き回るよりも多くの鳥たちに出会えます。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ