エコアップ通信NO17(1月27日)

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている


本日はセイタカアワダチソウの除草に取り組んだ後、オギの隠れ家造りを楽しみました。原っぱに生えているオギでアメリカインディアンのテント、ティピーを作りました。
まずは、オギの刈り取り。のこぎり鎌を使って、手を切らないよう慎重に刈り取りました。鎌の使い方はリーダーに教えてもらいました。


 原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている"


立派なテントを作るためにはある程度の長さと量が必要です。作りやすいように、底を揃えて、束ねます。


原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている


自分たちの作る大きさをイメージし、必要量を集めます。
足りなければ後で補充できますので、だいたいの量を集めます。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている


作り方は簡単!束ねたオギの先をひもでしばり、すそを広げれば出来あがりです。
格好良く、見栄えのするテントにするためには、それなりの努力が必要なのは言うまでもありません。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

およそ1時間で原っぱにテント村が出現しました。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

楽しみは秘密基地で食べるお弁当。
これがとっても美味しいのであります。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

テントづくりの付録。
リーダーが教えた訳でもないのに、子ども達が工夫してほうきを作りました。
結構な出来映えです。みんなお土産にうちに持って帰りました。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

原っぱは野遊びの天国です。
大人が教えなくても、子ども達はいろんなものを利用して遊びだします。
写真はクズのつるの縄跳び。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

綱引きも楽しいのだ。

原っぱには楽しいことがいっぱい詰まっている

もうおしまいなのと毎回苦情が出ますが、昼ご飯を食べたら解散。
テントを壊すのはおしいけれど、またのお楽しみに。
最後はきちんと片づけました。
そうそう、こんな遊びができるのも自然の原っぱがあるからです。
大切にしなければと思っています。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ