明石町保育園を迎える

 11月6日、明石町保育園年長の19人の子供たちが、3人の先生方に連れられて水辺の楽校に遊びに来てくれました。野遊びリーダー6名で園児を迎え、散歩をしたり、遊びや工作をしたりで楽しく時間を過ごしました。おもな活動は、クルミを拾いながらの散歩、クルミ投げ、オギの穂を使ったオギ坊主作りでした。
 水辺の楽校の会では、希望があれば、こうした訪問のお世話を積極的にしていきたいと考えています。計画のある方は、ぜひご連絡ください。
みんなでクルミを探す クルミ投げ(上手にカゴに入るかな)
たくさんできたオギ坊主 さよなら、また来てね!


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ