11月生きもの調べの会(鳥班)のようす


 前日の雨から一転しての快晴。風が強く鳥影は多くないが、ツグミやジョウビタキ、シメやタヒバリなどの冬鳥が渡来。本流ではユリカモメやカンムリカイツブリなども観察されました。
 草原ではセグロセキレイが何かの幼虫をついばんでいました。餌場に近づくハクセキレイ2羽をしつように追い払っていました。(臼井勝之)


 ※「生きもの調べの会」は平塚市博物館主催です。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ