2月のお散歩バーディング(2月21日)

お散歩バーディング日記    2010年2月21日(日)曇り
      参加者10名、記録種26種

望遠鏡を使いこなす
 風が冷たく、三脚を持つ手が凍える探鳥会でしたが、ヒバリの春の歌声に励まされ校内を一巡しました。本日のテーマは望遠鏡を使いこなすこと。動き回る野鳥をスムーズに望遠鏡の視野に入れることはなかなかに難しく、望遠鏡を触る機会があまりない方はハクセキレイやタヒバリのように動き回る野鳥をじっくり見ることができません。本日は「入りました。見てください」のやり方ではなく、自ら望遠鏡を使って観察してもらいました。なかなか上手く行きませんでしたが、一度捉えれば、野鳥の姿を追い続けることができますので、堪能していただけたようです。以降もこうした取り組みを実施して行きたいと思っています。

黄色のリングを付けたカワウ
 やぎ島の小さなワンドにカワウが休んでいました。足にリングの付けられている幼鳥1羽を発見しました。右にアルミ?のリング、左に黄色の大きめのリングがはめられていました。倍率を上げ、文字をじっくり見たところ、一部分ですが、5V3?と読み取れました。どこからやってきたのでしょうか。


  → イベントのトップへ
  → 水辺の楽校のトップへ