馬入水辺の楽校(ばにゅうみずべのがっこう)の目的

 馬入水辺の楽校は、子供も大人もみんなが積極的に自然とふれあうことができる場所として、2001年(平成13年)4月15日(日)に開校しました。馬入水辺の楽校では、自然とふれあいながら、自然の中でのいろいろな「遊び」を体験したり、見つけ出したりして楽しい時間が過ごせます。また自然とふれあうことで、自然からいろいろなことを「学ぶ」こともできます。家の中や家の周りでは中々思いっきり安心して動き回ることはできづらいですが、ここでは思いっきり「冒険」することができます。自分で考えたり、ひらめいたりした「遊び」や「散歩」、「観察」などを通して、新しい「発見」があるかもしれません。ときには、自然の厳しさを思いっきり味わうこともあるでしょう。
 私たち一人ひとりが、自然を大切にするにはどうしたらいいのか、どのようにして馬入水辺の楽校では行動したらいいのかを考え、この空間をいつまでも自然豊かな場所として大切に守り、育てていくように考えていきましょう。馬入水辺の楽校を、いつまでも大切にかわいがってください。そして、何回でも訪れ、活用してください。一緒に大切に育てていきましょう。未来への財産として。


→ 馬入水辺の楽校の会トップへ
→ 馬入水辺の楽校トップへ