●相模川ふれあい懇談会
 相模川では、河川法に基づいて、治水・利水・環境の3つの面について川作りの基本的な方向を決める「河川整備計画」の策定が進められています。この計画に市民の意見を反映させていくために、平成20年12月に「相模川ふれあい懇談会」が組織され、継続的に討議を行っていくことになりました。懇談会に、本会からは世話役として、臼井会長と浜口幹事が出席しています。懇談会について詳しくは、下記の国土交通省京浜河川事務所のHPをご覧下さい。

   http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/sagami/project/conference/

 この懇談会は、現地を視察する巡視と、室内での会議が組み合わせて進められており、8月23日に第1回の巡視、9月26日に第2回の懇談会が開催されました。巡視では、下流部を歩き、馬入水辺の楽校も総勢50名を越す参加者に見て頂くことができました。また、懇談会では水上バイクなどの利用について規制の必要性などが話し合われました。

 今後の予定としては、10月18日(日)巡視(中流/厚木付近)、10月31日(土)巡視(中流/相模原付近)、11月22日(日)懇談会が予定されています。巡視は、事前申込が必要で、10月18日については、下記をご覧下さい。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kasen/hureai/hureaijunnshi.htm

 同じく10月31日の巡視については、下記をご覧下さい。
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kasen/hureai/hureaijunnshi3.htm


→ お知らせバックナンバートップへ
 → 馬入水辺の楽校トップへ