ウナギ
上流ワンドや下流ワンドでよく見つかる。相模川では早春に海からのぼってくるシラスウナギを岸辺に灯りをつけて捕らえる漁が行われている。
ドジョウ
川の本流よりも、支流や水田や用水路に多く見られる。流れのゆるい泥底に多く生息している。 ヒゲは10本、全長11〜12cm。
アユ
相模川を代表する魚。夏は中流域で過ごし、秋に産卵、稚魚は海に下って翌春に川をさかのぼる。香りが高く、釣り人に人気。(写真提供/永井紀行)
ギンブナ
川の下流域や、池などにすむ代表的な淡水魚。マブナとも呼ばれる。コイと違って、口ひげがない。(写真提供/永井紀行)
ウグイ
河川の上流から下流まで広く分布し、湖にもいる。成魚は産卵期になると鮮やかな3本の縦縞の婚姻色が現れる。全長は50cmほどになる。 神奈川県下でも、各河川に分布していて、「ハヤ」とも呼ばれる。
モツゴ
「くちぼそ」の名で親しまれている小型の魚。ため池などに多いが、川の下流にも見られる。(写真提供/永井紀行)
ヌマチチブ
頭は丸くて大きく、体はずんぐりしており、胸ビレの付け根付近の黄色い模様が目立つ。主に河川の中下流に生息し、雑食性で小動物から藻類まで何でも食べる。(写真提供/永井紀行)
アシシロハゼ
河口域でよく見られる代表的なハゼ類の一つ。釣りの対象となるマハゼとよく似ている。(写真提供/永井紀行)
ボラ
大きな川の下流には、しばしば海の魚が入ってくる。川に入る海水魚の代表がボラで、水面をはねるようにジャンプするのが見られる。(写真提供/永井紀行)


→ 生きもの図鑑トップへ
→ 馬入水辺の楽校トップへ